基本

フレンチネイルのやり方はテープが簡単?マニキュアで検証してみた

Sponsored Links

シンプルだけどネイルのデザインとして取り入れたいフレンチネイル。
挑戦してみるけど意外と難しく感じたことはありませんか?

今回はマスキングテープなどを使ったやり方の中で一番簡単な方法はどれなのか動画撮影しながら検証してみました。

フレンチネイルのやり方をマニキュアで動画撮影してみた

私が今まで使ってきたアイテムでそれぞれフレンチネイル作成を動画に撮影しました。
これをもとに紹介していきます。

ベースコートとカラーマニキュアを2度塗りする

動画30秒~
ベースコートを2度塗りする。
色素沈着やマニキュアをきれいに保つためにもベースコートは塗りましょう。
カラーマニキュアは1回目を塗るときに薄く塗るのがポイントです。
ムラが出来ても2回目の重ね塗りできれいにすれば大丈夫です。

1回目を極力薄く塗って、2回目を普通通りの量を塗っていきましょう。
液だれするほど刷毛にとるのはダメですよ~。

100均のガイドテープ

2分11秒~
センターラインの目印を爪の真ん中にくるように貼り付けましょう。
貼り付けた後はテープに沿ってフレンチネイルをしていきます。
フレンチネイルのマニキュアも重ね塗りをしてムラをきれいにしましょう。

マスキングテープ

5分36秒~
斜めフレンチやハーフフレンチなどまっすぐのラインのフレンチにおすすめです。
好きな位置に合わせてテープを貼り付けたらテープに沿ってマニキュアを塗っていきます。

フリーライン

7分14秒~
テープを貼り付けるとはぐときにマニキュアが一緒にはげてしまうことがあります。
でも手書きでフレンチネイルを書くのであれば剥げる心配もありません。

フリーハンドは難しいと思われがちですが、たったの3ステップでキレイなフレンチネイルが完成します。

フレンチネイルのやり方はどれが簡単?

個人的に一番簡単かつ、きれいにフレンチネイルが出来るのはフリーハンドです。

シールやマスキングテープは私のようなせっかちさんでは、乾く前に貼ってしまってベースカラーがはげてしまうこともあるので更にネイルシールなどで誤魔化さなくてはいけなくなっちゃいます。

フリーハンドであれば表面がある程度、乾いていれば問題なくフレンチネイルが書けるのできれいに仕上がります。

フレンチネイルのやり方はテープよりも手書き!?

フレンチネイルはシンプルな割に難しく感じますよね。
フレンチネイル用のテープもベースカラーがはげてしまうこともありますし。

そんな時は私のように100均のネイルシールで誤魔化したりしても可愛いネイルになるので是非ネイルシールのデザインをみてみてください。

こちらからネイル記事の一覧がみれます。

ネイル記事についてまとめましたネイル記事を一覧にしています。 セルフネイルの基本 セルフネイルをするうえで基本だけど、大事なことだな~と思ったことをまとめています...
Sponsored Links
こっちの記事もおすすめ!